不恰好なお菓子たちだけど  食べてくれたみんなが      笑顔になれたらいいな


by miyumiyu-f11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

マリー・アントワネット

映画の感想,数本たまっちゃってます^^;
なかなかup出来なくて~。
まずは,コレから書いちゃいます♪

期待大~!で,足を運びました♪
だって,【マリー・アントワネット】ですよっ。
ベルバラ世代(年がバレバレ…爆)としては,見逃す訳にはいきませんもの~(^O^)




知らない人はいない,マリー・アントワネット。
彼女を演じるのはキルティン・ダンスト。
スーパーマン(うっかりミスです…爆)スパイダーマンシリーズに出演しているから,分かるかな~。
可愛らしくて,庶民的な感じがして,なんとなく親近感♪を持って観てました。

わずか14才と言う若さでフランスへ嫁いでいくマリー。
祖国オーストリアからフランスへの国境で,オーストラリアのものは全て脱ぎ捨てる…
宮殿で走り回ったり,コロコロと笑い転げたりと,昔読んだ記憶を手繰り寄せながら
『あ~,そんなシーンあったなー』とか『そうそう,懐かしー』とかと,思い出してみたり…。
あどけなさや幼さが,まだまだ残っていたんでしょうね。
キルティンの表情はとってもcuteで,思わず抱きしめてあげたくなっちゃいました~(^^)

この映画の見所は,なんと言っても!
画面いっぱいに映し出される色とりどりの可愛い靴,とっても綺麗なドレス・ドレス・ドレス~♪
そして魅力的なスウィーツ達と,本当にアチコチ・キョロキョロ観入ってしまってました。
マリーは当時にしては,結構斬新なセンスを持っていたんでしょうね♪
撮影はヴェルサイユ宮殿で行われたって言うから,そこも見逃さないようにしなきゃー!っと
本当に本当に,綺麗でう~~っとりしっぱなしの二時間デシタ。

ただ。
ベルバラを読んでいただけに,ストーリーが『え?コレで終わり…?!』ってもやもや感が残るぅ~。
マリーの人生を書いたのなら,『もう少し~っ!』って不満が募ります。

でも,綺麗で可愛くまとまっていたのだから,こんなもんなのかしら~(^^ゞ

マリー・アントワネット 公式サイト
[PR]
by miyumiyu-f11 | 2007-02-03 19:08 | 映画