不恰好なお菓子たちだけど  食べてくれたみんなが      笑顔になれたらいいな


by miyumiyu-f11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

タイヨウのうた

なんとなく気になっていた映画です。
時間も合ったので観てきました>水曜日のお休みに。
最近,マジで邦画続きです(≧∇≦)

心がじーんとしました。
いい映画でした。
主演のYUIちゃん,塚本高史クン,爽やかで良いです♪



と言っても,実はどんな映画なのか知らずに観たのですよ(; ̄▽ ̄A
映画を観に行くと,予告を目にしますよね。
ちょうどこの映画の予告を一度も観た事がなかったんだなぁ~。
それが良かったのか?,先入観がなく観れたのでしょうね(o⌒ー⌒o)

YUIちゃん=雨音薫。
初めに出て来た時,なんとpureな子だろうと思ってしまいました。
台詞まわしは,お世辞にも上手だとは思わなかったのは新人さんかな?って思ったくらいで。
でもでも。
ギターで弾き語りしているのを観て,納得♪
一番可愛いと思って観ていたのが…
いつも窓から見てるだけだった孝治(塚本クン)を偶然見かけ,追いかけて突進!(まさに!)
そのシーンは,観ていて笑えちゃいました(=⌒ー⌒=) うふふ♪
結構大胆な行動に出る薫に,昔の自分を重ねて見てたりして…(*≧m≦*) ププッ

それから。
孝治の心の変化が,表情からよく伝わって来ました。
あ~,あんな風なのってアレ位の年代の男の子だ~って。
塚本クン,ドラマにも結構出ているのですね。あたしが知らなかっただけで。
なかなかいい役者さんだと思います。

この映画は,色素性乾皮症(XP)と言う病気を題材にしてますが決して重くなく,
薫始め,考治や薫の両親など,それぞれの想いがあふれるいい映画でした。
XPは以前テレビで観た事があって知っていました。
でも病気を抱えている本人の想いは,紹介されていませんでした(5才位の子供だったので)。

薫の父親役の岸谷悟朗さん,ちょこちょこと笑わせてくれましたが
父親として娘への想いを吐き出してしまうシーンが,胸に刺さりました。

印象に残っているシーンはたくさんあります。
何度も何度も涙が溢れました。
本当にあったかい,いい映画でした。
YUIちゃんのCD買っちゃおうかしら~ヽ(* ̄▽ ̄*)ノ

映画の内容はもちろん,メニューのリンクから主演の二人のインタビューも見れます♪
タイヨウのうた公式サイト
[PR]
by miyumiyu-f11 | 2006-07-01 10:45 | 映画