不恰好なお菓子たちだけど  食べてくれたみんなが      笑顔になれたらいいな


by miyumiyu-f11
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

さくらんぼパウンドケーキ

b0107822_20205641.jpg

この前,一個一個ナイフで切って種を取ったさくらんぼを使ったパウンドケーキです。

レシピは,ネットで検索かけたものを参考にアレンジしました。
種を抜いたさくらんぼに,お砂糖とキルシュ(さくらんぼのお酒)を混ぜてレンジにかけたものを
パウンド生地に混ぜ込んで焼きました。
焼き上がったら,仕上げにもキルシュを塗って2~3日寝かせました♪

食べてみての感想…。
生地がイマイチしっとり感がないのが不満。
普段焼いてるパウンドケーキの分量と比べると,少し違ったからかも。
さくらんぼも,おすそ分けのものだからか,レンジにかけると色が落ちてしまってガッカリ(T-T) クスン
あたし的には,綺麗な赤い色を出したいと思うんだけど…それは無理だと思う。
さくらんぼと分からせる為に色をつけるのも嫌だし,自然の色が一番だと分かっているし。
後は,味も悪くはないんだけどキルシュが少しキツく感じたかな。

リベンジでは⇒
◎種を抜いたさくらんぼに,レモン汁とお砂糖を混ぜてレンジにかける。
 (少しは色落ち抑えられるかな…)
◎生地の分量を見直す=バター・上白糖を増やす&薄力粉とアーモンドプードルにする。
◎焼き上がりには,さくらんぼの下ごしらえで出たシロップとキルシュを混ぜたものを塗る。

こんな感じでやってみようと思います。
って,さくらんぼのおすそ分けないと出来ない…(+_;)
買ってやってみる…と言う事も考えてはいますけど(´ー`) オホホ



それは。
あたしが暮らすこの街に,何年と居なかった友達が同じように暮らしていると言う事実。

先日,友達が転勤で帰って来たと書きましたが。
彼が大学進学すると同時に,故郷であるこの街を離れたので,
あたしがずっとずっと暮らしてきたこの街には,彼が居ないのが当たり前でした。
彼がウン年ぶりに帰って来たのを未だに信じられないでいるのも,自分で分かるんです。

仕事も忙しい様子なので,メールも殆どないし,もちろん再会の予定もなし。
実際に姿を見て話をして,目の前に居る本人を確認出来たら実感も沸くのだと思うけど。
先週,一瞬テレビに映った姿を見つけた時はなんだかドキドキしました。

あたしは女子高。市内でも,彼とは高校が違いました。
同じ部活だったので,初めて公演を観た時にあたしが一目惚れしてしまい,直ぐにファンに♪
公演後,アンケートに色々書いてアプローチしてました>したつもり(爆
高②の夏休みに県内の高校で集まっての研修会があり,その時に初めて話をしました。

それから,他校同士でも関係なくみんなで何度か会ったりしているうちに,
共通の趣味もあったので,二人で話もよくしてたし,長電話もしょっちゅう。>よく怒られました。
なかなか会えない時は,手紙のやり取りをしてたんです。
あたし達が高校生の時は,もちろんケータイなんてなかったのでもっぱら手紙。
いやーん,懐かしいなぁ~( ̄m ̄〃〃 ぷぷっ
こんな風に懐かしいって思っているのは,あたしだけなのかも。

お酒を飲みながら,お互いの皺や白髪を笑い,これまでの事を話したりね,
そー言うのって,なんか憧れてたりしてたんですよね。>さださんの歌にもあるんだけど。
いつか将来,彼に聞いてみたいと思っていた事があるんです。
彼は,どうしてあたしなんかとよく話をしてくれていたのかなって。
あの頃,どんな風に想ってくれていたのかは知らないので,
お互い結婚して子供もいる大人になった時に,是非教えて欲しかった事なんですよね。

あ。
誤解のないように書きますが,彼とは友達です。ずっと。
色んな事を知っている頭のいい人なので,話をしていてとても楽しかったんですよ。
彼ももちろん,友達として付き合ってくれていた筈。

あの頃みたいに,色んな話はもう出来ないのかしら。
[PR]
by miyumiyu-f11 | 2006-07-02 21:46 | うちのお菓子達